「こころの医療をもっと身近に」
ココロモクリニックは
「受診しやすい」を大切にしています。

「こころの医療をもっと身近に」
ココロモクリニックは
「受診しやすい」を大切にしています。

診療内容

このようなことで困っていませんか?

ゆううつ、気分が沈む、どよんと重たい気持ちが続いてしまうといったことを抑うつ気分と表現します。また、やる気が起きず、億劫になってしまうことを意欲低下といいます。このような状態が続く場合、「うつ病」や「適応障害」、「月経前症候群 / 月経前不快気分障害(PMS / PMDD)」などが疑われます。まずは診断を検討することが重要です。「うつ病」などは治療により改善し得るものですので、早期診断・早期治療が望まれます。

考えられる病名
 
うつ病
双極性障害(躁うつ病)
適応障害
注意欠陥・多動性障害
(ADHD)
統合失調症
月経前症候群 / 月経前不快気分障害(PMS / PMDD)

会議やプレゼンテーションなどで人前に出ると、不安や緊張で頭が真っ白になったり、動悸がしたり、手足が震えてしまったりしませんか?もちろん、不安や緊張は誰にでもあることです。ただ、過度な不安で仕事や生活に支障が出ている場合は「社交不安障害」と呼び、治療が可能です。性格のせいとひとりで悩まず、ぜひ適切な治療を受けて頂きたいと思います。また、出社前やオフィスに着くころになると不安や緊張が増し、気分的にもつらくなるような場合は、「適応障害」や「うつ病」が疑われます。下痢や便秘といったおなかの症状に不安や緊張を伴う場合は「過敏性腸症候群」が考えられます。まずは専門医にご相談頂ければと思います。

考えられる病名
 
社交不安障害
全般性不安障害
適応障害
うつ病
過敏性腸症候群
統合失調症

不眠には、なかなか寝つけない、夜中に何度か起きてしまう、早朝に目が覚めてしまうなど色々なタイプがあり、ひとりひとりの症状に合わせた対応が望まれます。必要に応じて生活上の工夫や薬物療法を組み合わせることで、質の良い睡眠を目指すことが可能です。また、不眠は「うつ病」や「適応障害」などに伴うことがあり、症状を悪化させやすいため、早期診断・早期治療をおすすめしています。

考えられる病名
 
睡眠障害(不眠症)
うつ病
双極性障害(躁うつ病)
適応障害

不注意が目立ち、ミスの多さに悩まされてしまうことを「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」と呼びます。生まれつきの脳の特性によると考えられており、一般的には幼少期から出現しやすいですが、大人になって環境がかわったり、仕事でより高いレベルの作業を求められるようになったりすると顕在化してくることもあります。ご自身の特性や得意・不得意を踏まえた生活上の工夫や薬物療法などを中心に対策を考えていく必要があります。また、「うつ病」でも、ぼんやりして考えがまとまらなくなったり、ミスが目立つようになることがあります。ADHDと決めつけず、注意深く判断していく姿勢が望ましいと考えます。

考えられる病名
 
注意欠陥・多動性障害
(ADHD)
うつ病
適応障害
統合失調症

内科的な異常がないにも関わらず、突然に動悸がしたりめまいがしたりすることがあります。このまま死んでしまうのではないかと思うほどの強い不安や恐怖を伴うときは「パニック障害」を疑います。電車の中などが苦手という方もいらっしゃいますが、場所を問わずに発作が起こることもあります。「また発作が起きるのではないか」という予期不安から日常生活が制限されやすいため、お早めにご相談頂ければと思います。「うつ病」や「月経前症候群 / 月経前不快気分障害(PMS / PMDD)」などでも動悸は起こり得るため、適切に鑑別するためでもあります。

考えられる病名
 
パニック障害
社交不安障害
うつ病
双極性障害(躁うつ病)
適応障害
月経前症候群 / 月経前不快気分障害(PMS / PMDD)

もう十分だと自分でもわかっているのに、何度も同じ心配があたまに浮かんできたり、確認を繰り返してしまったりすることを「強迫性障害」と呼びます。繰り返しの行動に疲弊してしまったり、抑うつ症状を伴ったりしやすいため、専門医へのご相談をおすすめします。「統合失調症」などでも類似の症状を認めることがあります。

考えられる病名
 
強迫性障害
全般性不安障害
統合失調症
うつ病

体がだるくてベッドから起き上がれず、出社できなかったり、家事が手につかなかったりしませんか?「うつ病」や「適応障害」は、精神的な不調だけでなく、だるさや疲れやすさといった身体的な不調を認めることもあります。仕事や家庭生活などに影響しやすく、なるべく早期の受診が望まれます。

考えられる病名
 
うつ病
双極性障害(躁うつ病)
適応障害
統合失調症
睡眠障害(不眠症)
注意欠陥・多動性障害 (ADHD)

<主な診療対象>
・不眠症、睡眠相後退症候群などの睡眠障害
・うつ病、月経前不快気分障害などの気分障害
・適応障害などのストレス関連障害
・パニック障害、社交不安障害などの不安障害
・強迫性障害などの強迫関連障害

◎精神科・心療内科全般の診療をおこなっています。どうぞお気軽にご相談ください。
◎知的障害や発達障害、パーソナリティ障害、児童思春期の精神障害などで検査や心理療法を要する方、入退院や救急搬送を繰り返している方、切迫した希死念慮を有する方については、精神科病院や大学病院など包括的な対応が可能な高次医療機関の受診をご検討ください。

ゆううつ、気分が沈む、どよんと重たい気持ちが続いてしまうといったことを抑うつ気分と表現します。また、やる気が起きず、億劫になってしまうことを意欲低下といいます。このような状態が続く場合、「うつ病」や「適応障害」、「月経前症候群 / 月経前不快気分障害(PMS / PMDD)」などが疑われます。まずは診断を検討することが重要です。「うつ病」などは治療により改善し得るものですので、早期診断・早期治療が望まれます。

考えられる病名
 
うつ病
双極性障害(躁うつ病)
適応障害
注意欠陥・多動性障害 (ADHD)
統合失調症
月経前症候群 / 月経前不快気分障害(PMS / PMDD)

会議やプレゼンテーションなどで人前に出ると、不安や緊張で頭が真っ白になったり、動悸がしたり、手足が震えてしまったりしませんか?もちろん、不安や緊張は誰にでもあることです。ただ、過度な不安で仕事や生活に支障が出ている場合は「社交不安障害」と呼び、治療が可能です。性格のせいとひとりで悩まず、ぜひ適切な治療を受けて頂きたいと思います。また、出社前やオフィスに着くころになると不安や緊張が増し、気分的にもつらくなるような場合は、「適応障害」や「うつ病」が疑われます。下痢や便秘といったおなかの症状に不安や緊張を伴う場合は「過敏性腸症候群」が考えられます。まずは専門医にご相談頂ければと思います。

考えられる病名
 
社交不安障害
全般性不安障害
適応障害
うつ病
過敏性腸症候群
統合失調症

不眠には、なかなか寝つけない、夜中に何度か起きてしまう、早朝に目が覚めてしまうなど色々なタイプがあり、ひとりひとりの症状に合わせた対応が望まれます。必要に応じて生活上の工夫や薬物療法を組み合わせることで、質の良い睡眠を目指すことが可能です。また、不眠は「うつ病」や「適応障害」などに伴うことがあり、症状を悪化させやすいため、早期診断・早期治療をおすすめしています。

考えられる病名
 
睡眠障害(不眠症)
うつ病
双極性障害(躁うつ病)
適応障害

不注意が目立ち、ミスの多さに悩まされてしまうことを「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」と呼びます。生まれつきの脳の特性によると考えられており、一般的には幼少期から出現しやすいですが、大人になって環境がかわったり、仕事でより高いレベルの作業を求められるようになったりすると顕在化してくることもあります。ご自身の特性や得意・不得意を踏まえた生活上の工夫や薬物療法などを中心に対策を考えていく必要があります。また、「うつ病」でも、ぼんやりして考えがまとまらなくなったり、ミスが目立つようになることがあります。ADHDと決めつけず、注意深く判断していく姿勢が望ましいと考えます。

考えられる病名
 
注意欠陥・多動性障害 (ADHD)
うつ病
適応障害
統合失調症

内科的な異常がないにも関わらず、突然に動悸がしたりめまいがしたりすることがあります。このまま死んでしまうのではないかと思うほどの強い不安や恐怖を伴うときは「パニック障害」を疑います。電車の中などが苦手という方もいらっしゃいますが、場所を問わずに発作が起こることもあります。「また発作が起きるのではないか」という予期不安から日常生活が制限されやすいため、お早めにご相談頂ければと思います。「うつ病」や「月経前症候群 / 月経前不快気分障害(PMS / PMDD)」などでも動悸は起こり得るため、適切に鑑別するためでもあります。

考えられる病名
 
パニック障害
社交不安障害
うつ病
双極性障害(躁うつ病)
適応障害
月経前症候群 / 月経前不快気分障害(PMS / PMDD)

もう十分だと自分でもわかっているのに、何度も同じ心配があたまに浮かんできたり、確認を繰り返してしまったりすることを「強迫性障害」と呼びます。繰り返しの行動に疲弊してしまったり、抑うつ症状を伴ったりしやすいため、専門医へのご相談をおすすめします。「統合失調症」などでも類似の症状を認めることがあります。

考えられる病名
 
強迫性障害
全般性不安障害
統合失調症
うつ病

体がだるくてベッドから起き上がれず、出社できなかったり、家事が手につかなかったりしませんか?「うつ病」や「適応障害」は、精神的な不調だけでなく、だるさや疲れやすさといった身体的な不調を認めることもあります。仕事や家庭生活などに影響しやすく、なるべく早期の受診が望まれます。

考えられる病名
 
うつ病
双極性障害(躁うつ病)
適応障害
統合失調症
睡眠障害(不眠症)
注意欠陥・多動性障害 (ADHD)

<主な診療対象>
・不眠症、睡眠相後退症候群などの睡眠障害
・うつ病、月経前不快気分障害などの気分障害
・適応障害などのストレス関連障害
・パニック障害、社交不安障害などの不安障害
・強迫性障害などの強迫関連障害

◎精神科・心療内科全般の診療をおこなっています。どうぞお気軽にご相談ください。
◎知的障害や発達障害、パーソナリティ障害、児童思春期の精神障害などで検査や心理療法を要する方、入退院や救急搬送を繰り返している方、切迫した希死念慮を有する方については、精神科病院や大学病院など包括的な対応が可能な高次医療機関の受診をご検討ください。

ココロモクリニック神田

7つの特徴

7つの特徴

平日19時まで

平日19時まで

お仕事や学校などのあとでも受診して頂けるよう、平日は19時まで診療しています。

土曜診療

土曜診療

土曜日も診療していますので、週末の通院も可能です。

オンライン診療

オンライン診療

外出がおつらい方、仕事や育児などで通院がご負担な方もいらっしゃるかと思います。当院はオンラインによる診療をおこなっておりますので、ご自宅でも診察をお受け頂けます。

◎オンライン診療をご希望の方は「Web予約」より「CLINICSアプリで予約」をご選択頂き、アプリ上でご予約をお願い致します。オンライン診療は再診の方が対象です。また、必要に応じて対面での受診をお願いすることがあります。オンライン診療は保険適用です(※別途保険外負担2500円)。

外出がおつらい方、仕事や育児などで通院がご負担な方もいらっしゃるかと思います。当院はオンラインによる診療をおこなっておりますので、ご自宅でも診察をお受け頂けます。

◎オンライン診療をご希望の方は「Web予約」より「CLINICSアプリで予約」をご選択頂き、アプリ上でご予約をお願い致します。オンライン診療は再診の方が対象です。また、必要に応じて対面での受診をお願いすることがあります。オンライン診療は保険適用です(※別途保険外負担2500円)。

24時間Web予約 / LINE予約

24時間Web予約 / LINE予約

Web予約で24時間いつでもスムーズにご予約をお取り頂けます。LINEお電話によるご予約・お問い合わせも可能です。当日のご予約も受け付けています。

神田駅1分

神田駅1分

当院は、神田駅(JR山手線・中央線・京浜東北線 / 東京メトロ銀座線)東口から徒歩1分です。新日本橋駅(JR総武快速線)、三越前駅(東京メトロ半蔵門線)、岩本町駅(都営地下鉄新宿線)からも徒歩5分と、神田・日本橋エリアの複数駅 / 複数路線からご来院頂けます。

納得できる治療を一緒に考える

納得できる治療を一緒に考える

精神科専門医による診察のもと、診断と治療方針を丁寧にお伝えします。そのうえで、ご本人と十分相談して、納得できる治療だけをおこなってまいります。無理に投薬をすすめたり、長期間の通院を強制することはありません。

安心して治療できる環境づくり

安心して治療できる環境づくり

医療保険自立支援医療がご利用頂けます。また、病気や治療に伴う経済的負担を軽減するため、傷病手当金支給申請書や自立支援医療、精神障害者保健福祉手帳などの診断書もサポート致します。

アクセス

診療時間
10:00~ 13:00
15:00~ 19:00

休診日:水曜日・日曜日・祝日

◎当院は完全予約制です
◎受付は診療時間終了の30分前までにお願いします

東京都千代田区鍛冶町2-8-6
メディカルプライム神田5F 

診療時間
10:00~ 13:00
15:00~ 19:00

休診日:水曜日・日曜日・祝日

◎当院は完全予約制です
◎受付は診療時間終了の30分前までにお願いします

神田駅(JR山手線・中央線・京浜東北線 / 東京メトロ銀座線)1分
新日本橋駅(JR総武快速線)5分
三越前駅(東京メトロ半蔵門線)5分
岩本町駅(都営地下鉄新宿線)5分

はじめての方へ

ご予約

Web予約で24時間いつでもお取り頂けます。「こんなことで受診しても大丈夫かな?」とご心配なさらず、お気軽にご相談ください。LINEやお電話でも承っております。

ご来院

神田駅東口から徒歩1分です。保険証と、お持ちの方はお薬手帳や医療証をご準備ください。初診の方はお手続きがございますので、ご予約時間の10分前にはご来院をお願い致します。なお、急な体調の変化やご予定の変更は無理をせず、遠慮なくご連絡ください。

診察

丁寧で穏やかな診察をなによりも心がけております。必要に応じてお薬の処方や診断書の発行などをご提案致します。十分な説明と同意のうえで進めてまいりますので、どうぞご安心ください。

お会計

処方箋や診断書などをお渡し致します。クレジットカードや電子マネーもご利用頂けます。

よくあるご質問

当クリニックに寄せられるよくあるご質問を紹介しています。
他に不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

  • 気分が落ち込む、不安が強い、眠れない、動悸がするといった心身のお困りごとに対して、必要に応じて薬物療法などの治療をおこなうことで、改善を目指していくところです。
  • 一人ひとりの診察を大切にするため、予約制とさせて頂いております。当日の予約も受け付けておりますので、Web予約またはLINE、お電話でお気軽にご相談ください。
  • まったく問題ありません。診断名だけにとらわれすぎず、日々の過ごしやすさを改善できるよう、少しでもお力になれればと思っております。
  • 保険適用(3割負担)の場合、1500円から3000円がおおむねの目安です。自立支援医療などの自己負担をさらに軽減する制度もご利用になれます。また、医療保険の使用をご希望にならない方の診療も承っております。
  • 休職や復職に関する診断書、傷病手当金や自立支援医療、精神障害者保健福祉手帳、障害年金の診断書などを必要に応じてお書きしております。
  • 守秘義務がありますため、ご本人の同意なく、職場やご家族に病状をお知らせすることはありません。職場の方やご家族からのお問い合わせにはお答えできませんので、ご了承ください。
  • 再診の方はオンラインによる診療が可能です。オンライン診療をご希望の方は「Web予約」より「CLINICSアプリで予約」をご選択頂き、アプリにてご予約をお願い致します。オンライン診療は保険適用です(※別途保険外負担2500円)。
  • 気分が落ち込む、不安が強い、眠れない、動悸がするといった心身のお困りごとに対して、必要に応じて薬物療法などの治療をおこなうことで、改善を目指していくところです。
  • 一人ひとりの診察を大切にするため、予約制とさせて頂いております。当日の予約も受け付けておりますので、Web予約またはLINE、お電話でお気軽にご相談ください。
  • まったく問題ありません。診断名だけにとらわれすぎず、日々の過ごしやすさを改善できるよう、少しでもお力になれればと思っております。
  • 保険適用(3割負担)の場合、1500円から3000円がおおむねの目安です。自立支援医療などの自己負担をさらに軽減する制度もご利用になれます。また、医療保険の使用をご希望にならない方の診療も承っております。
  • 休職や復職に関する診断書、傷病手当金や自立支援医療、精神障害者保健福祉手帳、障害年金の診断書などを必要に応じてお書きしております。
  • 守秘義務がありますため、ご本人の同意なく、職場やご家族に病状をお知らせすることはありません。職場の方やご家族からのお問い合わせにはお答えできませんので、ご了承ください。
  • 再診の方はオンラインによる診療が可能です。オンライン診療をご希望の方は「Web予約」より「CLINICSアプリで予約」をご選択頂き、アプリにてご予約をお願い致します。オンライン診療は保険適用です(※別途保険外負担2500円)。

ドクター紹介

院長
山下佑介

メッセージ

精神科や心療内科への受診はまだまだためらわれやすく、医療による様々な支援が届きづらいことが課題でした。当院は「こころの医療をもっと身近に」を合言葉に、プライマリケアを重視したユーザーファーストな精神科医療を目指し、丁寧で穏やかな診察を心がけるとともに、オンラインによる診療やWeb予約、LINE予約などを通して、「受診しやすい」クリニックであることを大切にしています。精神科医療をもっと身近なものにすることで、お一人おひとりのメンタルヘルスの改善に尽力してまいります。

経歴

聖マリアンナ医科大学大学院医学研究科博士課程修了。川崎市立多摩病院、聖マリアンナ医科大学病院、公益財団法人積善会日向台病院、都内メンタルクリニックなどで研鑽を積み、プライマリケアから精神科救急まで専門的な精神科臨床を幅広く経験。また、企業や行政機関において産業医や嘱託医としてメンタルヘルス対策を担った。2020年1月、ココロモクリニック神田を開院。現在も上場企業等の産業医を務めている。

資格・学位

日本精神神経学会認定精神科専門医
日本精神神経学会認定精神科指導医
厚生労働省精神保健指定医
産業医
博士(医学)

所属学会

日本精神神経学会
日本臨床精神神経薬理学会
アジア神経精神薬理学会

学会発表・誌上発表

統合失調症の診断と鑑別診断.Mebio,Vol. 32 No. 10: 16-20, 2015.
統合失調症の陰性症状に対する薬物療法の可能性.精神科治療学,30(1): 41-44, 2015.
高齢者のうつ病に対する低用量の三環系抗うつ薬.臨床精神薬理,18: 165-169, 2015.
症状に応じた向精神薬の使い方.日本医師会雑誌,143(7): 1463-1465, 2014.
Subjective experience in antipsychotic-naïve first-episode schizophrenia: first report, 29th CINP World Congress 2014, Vancouver, 24 June 2014.

など

ご予約・お問い合わせ

24時間受付中

チャットで予約

お急ぎの方はお電話で

ご予約・お問い合わせ

24時間受付中

チャットで予約

お急ぎの方はお電話で